複数のFX業者を使い分けよう

複数のFX業者を使い分けているトレーダーはとても多いそうです。FX業者はとてもたくさんあり、それぞれに違った特徴を持っているからです。各業者の特徴をしっかりと活かして利用することで、ますますFX取引で成功しやすくなるのです。

FX業者によって、最低取引単位には違いがあります。最低取引単位が大きい業者を利用してFX取引を行うとなると、資金も多く必要になります。

資金力がある方なら、最低取引単位が大きい業者をメインに利用して取引を行うのもいいと思います。

でも資金力が少ないなら、最低取引単位が小さい業者の利用から始めると良いです。そして資金力が増えてきたら、最低取引単位が大きい業者の利用もスタートしてみてはいかがでしょうか。

腕に自信のある方は法人口座の活用を。 FXで稼げている自身のある人は法人口座を利用することをおすすめします。
参考:FX法人口座ナビ | 法人でFX取引するための手引き

こうして状況に合わせて利用するFX業者を増やしていくと、最終的にはやはり複数の業者を併用するスタイルに辿り着くと思います。それまでの経験で各業者の使い勝手はしっかり身についているので、経験も活かして複数の業者を上手に使い分けましょう。

FXの自動売買の異なり

FXの取引を行っている企業によっては、FXの自動売買が異なっています。

その為にこれからFXの取引を自動売買で行いたいと考えている方は、自分に適しているFXの自動売買を選択していただきたいです。

FXの取引はどれだけ利益を生み出す事ができるのか大切な取引です。その為に、どのタイミングで取引を行えばいいのかとても難しいのですが、FXの自動売買を利用することで、適材適所に取引を行ってくれるようになります。

実際にFXの自動売買を利用して、取引を行っている方はとても多いです。それだけ便利な物ですし、うまく活用することで多くの利益を生み出す事ができる可能性があるからです。
>自動売買も可能?おすすめのFX法人口座

ですので、これからFXの取引を行いたいと考えている方は、多くの企業が出している自動売買に対して、自分に適している物選択する事がとても大切になってきます。

為替の動きはサインを信頼して気楽にFX

為替が動く度に一喜一憂していると精神的によくないですし成功から遠ざかってしまいそうな気がするので、私はFXをするときに勢いの変わり目を見抜くためにチャート上のサインだけを信じているのですが、その中でも平均足を使うのが有効だと思い色が変わるときだけ取引を行っています。

なぜ数あるテクニカルの中で平均足を選んだかといえば、その見た目がわかりやすいことに加えてテクニカルとしての精度が色々試した中でもかなり良いと感じたから、チャート上には平均足と必要に応じてトレンド系のものを何かひとつ足すくらいです。

よくサインが遅いと言われることも少なくないテクニカルだけれど、一つの方向からの転換点としてトレンドを確認するのではなく、大きなトレンドの中の戻り後に発生する第二波でこのサインを信じて取引するとうまくいっていると思います。

私は時間足で使っているからそんなに頻繁に色が変わることはないからずっと画面に張り付かなくて済みますし、無理せずFXをするようになってからは健康も成績も安定してきました。

のんびりと余裕資金でFXをしています

仕事で稼いだお金の中から少しずつFXで使うお金を増やしています。給料は銀行に貯金をしたままにしていたのですが今はFXにお金を投資しています。会社員でも気軽に出来ることが気に入ったのでFXを始めたのです。

毎月給料をもらったら余裕のある分をFXに回しています。全力勝負とかはしないですし少しずつ投資をしていっているのです。働いて収入があるので今後も余裕を持って投資をしていけるといいです。

朝出かける前と仕事が終わって家に帰って来たらFXの状況をチェックしています。円を買うのかドルを買うのかとても単純な作業なので投資と言っても難しいことはありません。トレードをする余裕のある時やチャンスだなと思った時だけ投資をしています。

FXは危険だなんてイメージは一切持っていないですし余裕のある資金で少しずつ投資をしているので焦ったりすることもありません。のんびり投資をしていって銀行に貯金をするよりは良いパフォーマンスをFXであげることが出来るといいです。

レンジ相場の端で折り返す感覚でFX取引

激しい値動きが期待される夜中だけをピンポイントに狙ってFXで勝負に出るよりも、私の性格的には単純な作業を地道に繰り返していくことのほうが合っていると気づいたので、レンジ相場になりやすい時間帯だけを見てうねり取りを行っています。

このやり方なら直近のわかりやすい抵抗線と支持線を確認してその範囲を超えたら即座に切ることを忘れなければ、レンジの端で逆張りしていると高確率で細かい利ざやを積み重ねながら一日の取引が勝ちトレードで終わることが多いです。

実際にFX以外でもプロのトレーダーは似たようなやり方で生計を立てている人も少なくないと聞きますし、なによりそういったレンジ相場の取引に特化したFX業者のサービスもあるくらいだから、ただのラッキーが続いているわけではなくかなり信用できる手法だといえます。

大きな儲けがない代わりにわりと安定して勝つことができるので、一回の利益を重視して損失の回数をある程度受け入れる方法がどうしてもできない私にとってはまさに聖杯のように感じる手法です。

サラリーマンがやるFX

普通のサラリーマンがFXをやるには、帰宅後に売買するか、
PCに張り付いていられない場合は注文を設定しておくか、
いずれにしても、自動売買を使うことは、忙しい私たちにとっては必要不可欠です。

私の場合は、帰宅後に通貨をチェックして、
その時点で買ったり売ったりできるものがあれば、指値注文や成行注文で売買します。
短期決戦型でその日のうちに利益が出るのが好きなので、
小額の利幅で約定できるように、売り注文を設定しておきます。

もし、翌日になっても約定していない場合は、そのまま売り注文を続行するか見直すかなどしますが、
注文を継続しておけば、自宅に居なくても注文は自動的に実行されます。

一見簡単なように見えるのですが、
注文前には、きちんと日本やアメリカの経済指標の発表や各種ニュースにアンテナを張っておくことが、
絶対に必要です。

FXで50万円を貯めたと公表、じつは20万円だった

当初は50万円を貯めて、そこから1000万円にしたというFXトレーダー。ほんとうは、20万円を貯めてFXをして、負けています。その失敗から学んで、次の機会にはたまたまかもしれませんが、50万円が1000万円になりました。さらには、セミナーを開催しています。

20万を貯めて負ける、1ヶ月で0円になるというのは大きなショックです。それを勉強代と考えられるかどうかですが、個人的にはそういうことがあったら、腹が立つようになると思います。そこでやめてしまうか、そこから何かを勉強して活かすかです。
1000万円を獲得したトレーダーは、しぶとく50万円を貯めてそこから稼ぐことができました。

システムトレードを使っているわけではなく、自らの売買のタイミングで行っています。失敗はしたほうがよいといいますが、それにしても失敗はしたくはないです。汗水かいて得た20万円が0円になると、次から働く気がしなくなるし、なんといってもFXにはリスクが伴っていて勝つか負けるかは、偶然かもしれません。